Li-ion電池

Li-ion電池の各種評価

スマートフォンなどの携帯電子機器から、電気自動車まで。リチウムイオン電池は、さまざまな工業分野で広く活用されるようになりました。そして現在も、さらなる低コスト化、高性能化、安全性の向上をめざし、苛烈な開発競争が繰り広げられています。そのコアになる材料は、正極材と負極材です。正極材/負極材は結晶構造を持ち、その間をリチウムイオンが移動することで、充放電が行われます。そのため、リチウムイオン電池の研究開発にあたっては、高精度かつin-situの結晶構造解析および内部構造観察が求められています。リガクは、この分野に対して、優れたX線分析装置とノウハウを提供します。

カテゴリラインナップ

正極材の構造解析
LiFePO4のリートベルト解析、その場観察による充電/放電深度と電極構造の関係性特定など
負極材の構造解析
その場観察による充電/放電深度と電極構造の関係性特定など
形態・内部構造観察
電池内部の空隙、電池内部でのガスの発生、正極・負極の活物質の3次元観察など