Skip to main content

新着情報


「Chemical Science」誌に共同研究論文掲載
〜生理条件に近いタンパク質構造の測定法を開発- 創薬候補化合物探索のスピードアップに期待 -〜

2020年8月26日

論文掲載 - Room-temperature crystallography using a microfluidic protein crystal array device and its application to protein?ligand complex structure analysis -
(マイクロ流体デバイスを用いた室温での結晶構造解析とタンパク質-リガンド複合体構造解析への応用)
共同研究グループ:北海道大学、理化学研究所、株式会社リガク


北海道大学大学院工学研究院の真栄城正寿助教、渡慶次学教授、同総合化学院修士課程の竹田怜央氏、理化学研究所放射光科学研究センターの上野 剛専任技師山本雅貴グループディレクター、株式会社リガクの研究グループは、タンパク質と創薬候補化合物(リガンド)の複合体の3次元立体構造を室温条件で測定できる方法を開発。

本測定法によって
・わずかな試料から生理条件に近いタンパク質の立体構造を測定できる構造解析法を開発。
・タンパク質−リガンド複合体構造を簡単なピペット操作のみで半自動的に測定可能。
・製薬企業などでの創薬候補化合物探索のスピードアップに期待。
が期待されています。


研究詳細は、北海道大学様のプレスリリースよりご覧頂けます。
URL: https://www.hokudai.ac.jp/news/2020/08/post-713.html   

ここに掲載されている内容はすべて発表日現在の情報です。ご覧いただいている
時点で、予告なく変更されていることがありますので、あらかじめご了承ください。