新製品紹介

「世界基準モバイル型イメージングプレートスキャナー」

 の国内独占代理販売を発表

2017年7月19日

この度リガクは、ドイツDÜRR NDT(デュール エヌディーティー)社のモバイル型イメージングプレートスキャナーの国内独占代理販売権を得て、7月19日より販売開始することを発表します。

DÜRR社のイメージングプレートスキャナーシリーズはこれまでに全世界で98,000台以上の販売実績があり、BAM認証、EN、ASTM及びDICONDE規格に準拠しておりますので、RTによる各種溶接部検査をはじめ、高い検査精度が求められる自動車・航空機部品等の幅広い用途に適合いたします。 モバイル型イメージングプレートスキャナーには、ハイエンドとスタンダードの2種類のシリーズがあり、どちらも小型、軽量かつバッテリー駆動が可能です。専用キャリーケースとの組合せにより、可搬型としての威力を発揮します。また1回の操作で読取と消去を同時に行えるため、作業効率が高く、様々な形状やサイズのイメージングプレートが使用できますので、幅広い用途に対応が可能です。

ハイエンドモデルの「HD-CR 35 NDT」は、基本分解能30µm(BAM認証)を備え、用途に合わせて読取り時のレーザービーム径12.5/25/50µmを選択可能です。高画質(高分解能)をお求めの方にお勧めです。また、本体に内蔵されたPCとディスプレイにて操作が行えますのでPCを持参する必要もありません。PCを用いる場合は無線によるデータ通信が可能です。本体重量は17.5kgとクラス最軽量です。
スタンダードモデルの「Scan-X Discover HR」は過酷な検査環境にも適合し、分解能は30µm(BAM認証)の高分解能を基本装備します。レーザースポットは最少14µm、本体重量は20kgと軽量です。

HD-CR 35 NDTおよびScan-X Discover HRは、「非破壊評価総合展」(7/19-21東京ビッグサイト)にて出展致します。

RT*:ラジオテスティング
DICONDE*:Digital Imaging and Communication in Non Destructive Evaluation

ここに掲載されている内容はすべて発表日現在の情報です。ご覧いただいている
時点で、予告なく変更されていることがありますので、あらかじめご了承ください。