学会・講演会等発表

学会・講演会等発表

学会・講演会などでの発表をご紹介いたします。

2008年11月15日 第77回 実験動物コンファレンス

場所
日本獣医生命科学大学 動物医療センター 5F 502研修室
 
発表セッション名
一般演題
発表日時
2008/11/15(土) 14:30〜14:45
講演タイトル
動物実験の3Rの実現を目指す!! 超高速in-vivo 3DマイクロCT装置の生体経過観察の利用について
講演概要
近年、X線CTによるin-vivo撮影技術が、マウス、ラット に代表される実験小動物の研究分野に応用され、注目を集めています。生体を経時的に長期に観察撮影ができる3DマイクロX線CT装置のアプリケーションを紹介します。

2008年11月14日 平成20年度 材料科学基礎講座「X線・電子線を用いた分析・解析技術」

場所
金沢大学自然科学系図書館棟 1F 大会議室
 
発表セッション名
蛍光X線
発表日時
2008/11/14(金) 10:00〜11:00
講演タイトル
蛍光X線分析法による材料分析の最新技術
講演概要
波長分散小型蛍光X線分析装置 Superminiによる岩石の分析、卓上型全反射蛍光X線分析装置 NANOHUNTERによるガラス表面分析について解説します。

2008年10月16日〜18日 第44回熱測定討論会

場所
つくば国際会議場
 
発表セッション名
熱測定基盤(2)
発表日時
2008/10/16(木) 14:20〜14:40
講演タイトル
2次元高速X線検出器搭載装置で加熱・冷却下の構造変化を秒単位でみる
講演概要
2次元高速X線検出器を搭載した、DSCと小角X線〜広角X線領域の同時測定装置によって、有機低分子化合物の転移・融解・再結晶化などの構造変化過程を測定し、分子のどこが、どのタイミングで変化していくかをわかりやすく動画表示で観察できるようにしました。
 
発表セッション名
高分子・有機物(1)
発表日時
2008/10/17(金) 16:10〜16:30
講演タイトル
加熱時発生ガス光イオン化質量分析EGA-PIMSを用いたポリマーの熱分解キャラクタリゼーション その2
講演概要
熱分解キャラクタリゼーションを目的とし、類似構造をもつ数種類のナイロンポリマーにEGA-PIMSを適応し、その識別効果を検討しました。分子イオンのみを検出する光イオン化法を用いると、ポリマーの骨格構造に起因した熱分解成分の違いを明瞭なスペクトルの差としてとらえ識別することができるので、市販の未知樹脂の定性分析にも有効です。
 
発表セッション名
高分子・有機物(1)
発表日時
2008/10/17(金) 16:30〜16:50
講演タイトル
有機ELディスプレイ用Alq3, Tris(8-hydroxyquinolinato)aluminum(III)薄膜の熱変化
 
発表セッション名
ポスターセッション
発表日時
2008/10/16(木) 16:55〜17:55
講演タイトル
EGA-EI/PIMS分析の応用:リン酸水素アンモニウム系化合物の熱分解
講演概要
リン酸水素アンモニウム系化合物は加熱すると隣接温度域で水とアンモニアを分解生成します。これらの発生ガスをEGA-MS分析する場合、電子衝撃イオン化(EI)法では水とアンモニアの双方の生成イオンが重複観測されてしまいそれぞれを分離分析できません。一方、光イオン化(PI)法を用いると生成するアンモニアのみを単独にイオン化することができるので、重複生成する各成分ガスの挙動を正確に分析することが可能となります。

2008年10月11日〜13日 平成20年度 化学系学協会東北大会

場所
八戸工業大学
 
発表セッション名
ポスター発表
発表日時
10/13(月) 14:15〜15:45
講演タイトル
有機−無機転換ZnOファイバー、形成機構および可視光応答光触媒能
講演概要
Zn(acac)2・H2Oを過熱水蒸気で処理し、800℃で加熱することにより得たファイバー状のZnOは、ナノサイズのZnO単結晶が連鎖してできていることがわかりました。されに、このZnOファイバーはキシレンやメタノールなどのVOC (volatile organic compound)に対し、可視光光触媒能を有し、効率よく分解することができました。加熱過程におけるZnO結晶の結晶子サイズ分布の変化は、X線回折測定 により評価しました。

2008年8月25日 Materials Transactions

発表先
Materials Transactions, 49 (2008), 2129-2135.
発行日
2008/8/25
論文タイトル
New Technique for Evaluation of Preferential Alignment of Biological Apatite (BAp) Crystallites in Bone Using Transmission X-ray Diffractometry
要旨
Two-dimensional quantitative analysis of point focus X-ray beam diffraction (XRD) was performed using a transmission optics system to examine the biological apatite (BAp) orientation in the femurs of an osteopetrotic (op/op) mouse and a normal mouse.
http://biz3.bioweb.ne.jp/jim/journal/e/49/09/2129.html

2008年9月10日〜13日 2008 World Molecular Imaging Congress (WMIC 2008)

場所
Acropolis Expositions Exhibition Hall, Nice, France
 
発表セッション名
Poster Session II / PG-01 / New PET/SPECT Instrumentation
発表日時
9/12(金) 16:00〜17:00
講演タイトル
New Technology of In-vivo 3D Micro CT by High-Speed CT Scanning
講演概要
Medical CT technology had been applied and widely used to the experiment on animals such as cancer, metabolic syndrome, osteoporosis etc. The market of CT system which specially designed experiment on animals are rapidly growing. Rigaku will introduce several new application and analytical method which is realized by high speed CT Scanning capability of the Rigaku in-vivo micro CT system.

2008年8月 日本質量分析学会誌「質量分析」J. Mass Spectrom. Soc. Jpn

発表先
日本質量分析学会誌「質量分析」J. Mass Spectrom. Soc. Jpn 56 (2008), No.4, 189-199.
発行日
2008/8
論文タイトル
加熱時発生ガス質量分析法の開発に関する研究
要旨
質量分析法を用いた発生ガス分析(EGA-MS)は、近年、物質の熱反応を理解するための強力なツールと認められています。本論文では、初期のEGA-MSの問題を克服し汎用性を高めたキャピラリー型およびスキマー型構造から成るインターフェースシステムを装備した幾つかのEGA-MSを開発した成果を報告しています。
本研究は、2007年度日本質量分析学会奨励賞を受賞しました。
http://www.wdc-jp.biz/mssj/search/pdf/200804/ms560189.pdf

2008年9月17日〜19日 日本油化学会第47回年会

場所
日大理工学部駿河台キャンパス 1号館
 
発表セッション名
ポスター
発表日時
9/17(水) 14:00〜17:00, 9/18(木) 9:00〜12:00
講演タイトル
高速検出器搭載XRD-DSCによるトリパルミチンの相転移・融解・結晶化挙動測定
講演概要
ラボ装置でも0.1〜0.2℃ごとにトリパルミチンの鎖長構造と副格子構造の加熱冷却に伴う構造変化がどのような順序で起こるかの把握が可能になりました。

2008年8月23日〜31日 IUCr2008

場所
Grand Cube Osaka (Osaka International Convention Center)
 
発表セッション名
01. Instrumentation and Experimental Techniques 10. Area Detectors
Poster No. P01.10.70
発表日時
2008/8/28(木), 8/29(金)
講演タイトル
Noble pixel detector for in-house XRD applications
講演概要
A noble pixel detector, namely PILATUS 100K, has been developed at the Paul Scherrer Institut (PSI). It is constructed using the state-of-art semiconductor technology and demonstrate superb performance. Its single photon counting, extremely low background, very short read-out time and ultra-high count rate features are not like the other conventional area detectors. The PILATUS detector was initially designed for macromolecule study at synchrotron facilities. However, the PILATUS 100K can be used with in-house XRD system. Some of the in-house XRD application results will be shown.
 
発表セッション名
25. Industrial Crystallography 1. Stress-Strain Analysis
Poster No. P01.10.70
発表日時
2008/8/28(木), 8/29(金)
講演タイトル
Characterization of strain in cubic thin film with fiber texture anisotropic stress state
講演概要
ラウエ対称m-3mをもつ立方晶系繊維配向膜TiN<111>に対して、異方性応力場において結晶のラウエ対称を考慮することで予想されるひずみ測定による回折線のピーク分離(結晶子の向きの違いによる弾性異方性)について実験的に検証した結果を報告します。また、?線によるひずみ測定から、残留応力を求めた結果も報告します。

2008年8月4日〜8日 57th Denver X-ray Conference

場所
Denver Marriott Tech Center Hotel, Denver, Colorado U.S.A.
 
発表セッション名
XRD Poster Session
発表日時
2008/8/4(月) 18:00〜20:00
講演タイトル
PARTICLE SIZE ANALYSIS OF SUB MICRON MATERIALS USING ULTRA SMALL ANGLE X-RAY SCATTERING
 
発表セッション名
XRD Poster Session
発表日時
2008/8/4(月) 18:00〜20:00
講演タイトル
A STUDY ON THE TOTAL EVALUATION OF PHARMACEUTICAL PRODUCTS USING GENERAL PURPOSE XRD EQUIPMENT
 
発表セッション名
XRF Poster Session
発表日時
2008/8/5(火) 18:00〜20:00
講演タイトル
ANALYSIS OF ORES AND CONCENTRATES BY USING BENCHTOP WDXRF
 
発表セッション名
XRF Poster Session
発表日時
2008/8/5(火) 18:00〜20:00
講演タイトル
APPLICATIONS OF POLARIZED EDXRF SYSTEM FOR LIGHT MATRIX SAMPLES
 
発表セッション名
New Developments in XRD & XRF Instrumentation
発表日時
2008/8/6(水) 13:30〜13:45
講演タイトル
HIGH-PERFORMANCE SILICON STRIP DETECTOR FOR IN-HOUSE XRD SYSTEM
講演概要
X-ray diffraction measurement can be speeded up significantly by using a position sensitive detector (PSD). This skill was proposed about 30 years ago and became commercially available around year of 2000. A PSD can be a position sensitive proportional counter (PSPC), a charge-coupled device (CCD), a photo diode array or a silicon strip detector (SSD). A SSD was initially developed as a beam tracker for high-energy physics and turned to an X-ray detector later. Its unique characteristics, such as single photon counting capability, high special resolution, good energy resolution, room temperature operation, etc., are ideal for the use with an in-house X-ray Diffraction (XRD) system and established from a few venders. However, the performance of SSD is strongly rely on its read-out electronics, especially a read-out ASIC (Application Specific Integrated Circuit). A high-performance read-out ASIC for a silicon strip detector is developed as the result of collaboration with Rigaku Corporation and AGH University of Science and Technology. The read-out ASIC is compiled to a silicon strip detector, namely “D/teX Ultra”. Some performance of in-house XRD system with D/teX Ultra will be presented.
 
発表セッション名
New Developments in XRD & XRF Instrumentation
発表日時
2008/8/6(水) 14:15〜14:30
講演タイトル
NEW HIGH-PERFORMANCE DEVICE FOR PARALLEL-BEAM X-RAY DIFFRACTOMETER SCAN
 
発表セッション名
XRD Thin Films
発表日時
2008/8/6(水) 14:00〜14:30
講演タイトル
DETERMINATION OF CRYSTALLOGRAPHIC POLARITY OF THIN FILMS USING HIGH RESOLUTION XRD

2008年6月11日・12日 平成20年度廃棄物学会研究討論会

場所
学士会館(神田)
 
発表セッション名
アスベスト廃棄物処理に係る光学顕微鏡と電子顕微鏡の測定法の共通化について(廃棄物試験・検査法部会企画)
発表日時
2008/6/11(水) 10:00〜12:00
講演タイトル
X線回折法
講演概要
アスベスト廃棄物処理の安全確認のために、各種の測定法の問題点を報告・討議するセクションにおいて、X線回折法について講演します。1次元固体高速検出器と回転対陰極X線源を搭載したX線回折装置を用いると、スラグ中0.05重量%のアスベストが約30分の測定で検出可能であり、X線回折が各種顕微鏡測定の前のスクリーニングに有効であることを報告します。

2008年5月 日本接着学会誌

発表先
日本接着学会誌, 44 (2008), No.5, 180-187.
発行日
2008/5/1
論文タイトル
X線回折装置の最近の進歩
要旨
X線の発生、回折現象、X線回折装置の特長と分かることを簡単に概説し、平行ビーム法、1次元・2次元半導体検出器、残留応力測定装置、小角X線散乱法についてアプリケーションを交えて紹介しています。

2008年5月 「産業と環境」誌

発表先
産業と環境, 37 (2008), No.5, 88-90.
発行日
2008/5
論文タイトル
固体高速検出器搭載X線回折装置による0.1%アスベストの測定
要旨
高速1次元X線検出器を搭載した汎用型の封入管X回折装置を用いると、炭酸カルシウム粉末中0.1重量%のアスベストやフィルタ上に採取した0.1mgのアスベストを、従来のシンチレーションカウンタによる測定にくらべて50分の1以下の短時間で測定できることを紹介しています。

2008年7月21日〜25日 XRM 2008 (9th International Conference on X-Ray Microscopy)

場所
ETH Zurich, Zurich, Switzerland
 
講演タイトル
2 Dimensional Position Sensitive XAFS by Using In-house X-ray Spectrometer
講演概要
Position sensitive XAFS measurements by using the in-house X-ray spectrometer and the position sensitive X-ray detector were attempted. The pixel-array type position sensitive area detector namely D/teX-25 has recently developed and its detecting window size is 12.3 mm x 12.3 mm including 512 ch x 512 ch of pixels with about 24 micrometer of pixel size. The in-house spectrometer produces monochro-mized divergent X-ray beam. Therefore, an extended direct-beam image projected on the detector can be taken, and its extension rate is depending on the arrangement of the sample and the detector. A position sensitive XAFS measurement was carried out using Ni metal foil and NiO powder. Ge(220) Johansson-type bent single-crystal was used as monochromator, and Mo and LaB6 were used as the target and filament, respectively. Tube voltage and current were operated at 16 kV and 50 mA (0.8 kW). XAFS spectra were measured by transmission-mode with sample set/reset method and required time of each experiment is about 6 hours in total. Metal and oxide spectra with enough quality for structural analysis were separated by each position in the sample.

2008年6月29日〜7月3日 The 10th International Workshop on Radiation Imaging Detectors

場所
University of Helsinki, Helsinki, Finland
 
講演タイトル
Low Noise Multichannel ASIC for High Count Rate X-ray Diffractometry Applications
講演概要
Digital position sensitive X-ray imaging systems working in single photon counting mode require multichannel ASICs for effective readout of a detector array. The critical parameters in such ASICs are low noise performance, good uniformity of analog parameters and proper operation with high rate of input signals. We have designed the 64-channel readout ASIC called RG64 for low energy X-ray imaging systems, which fulfils the requirements mentioned above.

2008年5月20日〜22日 日本薬剤学会第23年会

場所
札幌コンベンションセンター
 
発表セッション名
一般演題(ポスター No. 45)
発表日時
2008/5/20(火)・21(水)
講演タイトル
X線用固体高速検出器搭載XRD−DSCによる医薬品等有機低分子化合物の相変化の高速測定
講演概要
新たに開発した上記装置を用いて、非晶質テルフェナジン(抗アレルギー薬)の結晶化、融解挙動やトリパルミチン(結晶性油脂)の転移・融解・結晶化挙動など、数℃の温度範囲で引き続いて構造変化がおこる過程を数秒ごとまたは0.2℃ごとの間隔で測定しました。その結果、構造変化に際して長距離秩序と短距離秩序の変化の順序などもラボ装置で測定できることがわかりました。

2008年3月26日〜30日 日本化学会第88回春季年会

場所
立教大学池袋キャンパス
 
発表セッション名
ポスター(コロイド・界面化学)
発表日時
2008/3/29(土) 15:00〜16:30
講演タイトル
粒径2.8nmの単分散金ナノ粒子の調製
講演概要
N,N-ジオクチルジチオカルバメートで(diOct-DTC)修飾された金ナノ粒子(diOct-DTC@Au)の粗生成物を、diOct-DTC塩によってエッチングを行い、分布幅の狭い金ナノ粒子を得ることを検討しました。粒径分布は、X線小角散乱法によって見積もりました。

2008年1月 Journal of Thermal Analysis and Calorimetry

発表先
Journal of Thermal Analysis and Calorimetry, 91 (2008), 419-426.
発行日
2008/1
論文タイトル
Study on thermal degradation of polymers by evolved gas analysis using photoionization mass spectrometry (EGA-PIMS)
要旨
Photoionization mass spectrometry (PIMS) with vacuum ultlaviolet (VUV) light source provides an efficient and fragmentation-free method for the soft ionization of gaseous compounds, in order to facilitate an understanding of thermal degradation behavior and chemical composition of polymeric materials. The PIMS was applied to the evolved gas analysis (EGA) system equipped with a skimmer interface which is constituted based upon a jet separator principle between a vacuum MS chamber and an atmospheric sample chamber in a furnace. A photoionization source with a deuterium (D2) lamp was closely installed to the vacuum ionization chamber of a mass spectrometer to improve the ionization efficiency.
The thermal decomposition of typical polymers in inert gas atmosphere was investigated by the EGA-PIMS and the resulting PI mass spectrum was characterized satisfactorily by only the parent ions with no contribution as a result of fragmentation during the ionization. The results suggested that the EGA-PIMS was an especially powerful and desirable in situ thermal analysis method for polymeric materials which evolve organic gases simultaneously and concurrently. The combination of EGA equipped with skimmer interface with no change of evolved gaseous species and PIMS with fragmentation-free during the ionization is described briefly, and the effective results are presented by comparing with EGA using conventional electron impact ionization mass spectrometry.
http://www.springerlink.com/content/u34k017654042177/