新着情報

体感型動物園iZooで世界初展示中の「ミミナシオオトカゲ」をリガクの「R_mCT AX」で撮影

2013年5月28日
2013年6月3日更新


R_mCT AX
2013年6月3日撮影当日の様子
2013年6月3日(月)午後13時から体感型動物園iZoo(静岡県賀茂郡河津町)において、ミミナシオオトカゲの生体のCT画像が、リガクの動物病院用3DマイクロCT R_mCT AX を使用して撮影されました。
ミミナシオオトカゲは1878年に新種として発見・記載されて以降、発見数は100頭に満たないトカゲです。このトカゲの全身骨格や臓器、生殖器などを非破壊で撮影し記録することで、雌雄判別や繁殖に関する知見などが得られることが期待されています。
R_mCT AX
動物病院用3DマイクロCT R_mCT AX
ここに掲載されている内容はすべて発表日現在の情報です。ご覧いただいている
時点で、予告なく変更されていることがありますので、あらかじめご了承ください。