新着情報

Progeny ResQが「R&D 100」を受賞

2015年12月2日

R and D 100

この度、リガクの携帯型ラマン分光計「Progeny ResQ」が、世界的に権威のある技術賞“R&D 100”を受賞しました。R&D 100は、米国R&D Magazine誌が毎年、前年に製品化された世界の優れた技術100件を選定し、授与するアワードです。

Progeny ResQは、1064nm励起による低蛍光・高分解能を実現し、785nm励起の従来型ラマン分光計では困難だった蛍光性試料や有色物質などの分析にも対応する携帯型ラマン分光計です。 手製爆発物、化学兵器用物質、麻薬や違法薬物の検出を迅速に行えるため、拡大する爆発物や化学兵器の脅威、多様化する麻薬・危険物問題への対策において、重要な役割を担うことができます。


Progeny ResQの主な特長は以下の通りです。

  • 危険物や違法薬物関連に多い有色物質の分析・同定が容易
  • 透明あるいは半透明のものであれば容器や袋の外側からの測定が可能
  • 遮光せずにそのまま測定が可能
  • 充実したライブラリーを標準内蔵
  • 保護手袋着用のままでも操作が容易
  • MIL-STD-810Gに準拠した堅牢・防塵・防滴構造

その他、測定者が安全な場所へ退避してから測定を開始できるタイマー機能や、測定対象の画像を撮影・保存し、測定結果とともにPCへダウンロードできる機能を有しています。

Progeny ResQ
Progeny ResQ

※ リガクは次の製品でもR&D 100を受賞しています。2006年:全自動水平型多目的X線回折装置 SmartLab、2007年:卓上型全反射蛍光X線分析装置NANOHUNTER

■R&D 100 賞
毎年その前年に市場へ導入された新製品のうち、最も技術上の革新性の高いものに対しR&D Magazine誌が贈る賞であり、1963年の開始以来、検査装置、材料、化学プロセス、生化学製品、消費財、高エネルギー物理学などの受賞製品が、産業界、学術界、公的研究機関の成果から広く選ばれてきています。フラッシュキューブ(1964)、現金自動預け払機(1973)、ハロゲンランプ(1974)、ファクス機(1975)、液晶ディスプレイ(1980)、コダックフォトCD(1991)、Nicoderm禁煙パッチ(1992)、抗がん剤Taxol(1993)、ラボオンチップ(1996)、HDTV(1998)など、受賞製品の多くは現代の日常生活を形づくるものとなっています。

ここに掲載されている内容はすべて発表日現在の情報です。ご覧いただいている
時点で、予告なく変更されていることがありますので、あらかじめご了承ください。