ホームイベント情報 > P-MEC Japan 2013 原薬・中間体 機器/装置展

P-MEC Japan 2013 原薬・中間体 機器/装置展


P-MEC Japan 2013
 

出展品のご案内


    その原薬は同じですか?       結晶多形? 非晶質or結晶質? 無水物or水和物?

  
結晶多形不純物を1分で確認!
デスクトップX線回折装置
MiniFlex300/600

製品案内:MiniFlex300/600
  • 省スペースの出力300W型。高強度の600W型
  • オプションの高速検出器搭載で、据置型並みの強度利得が可能
      >>> 詳細はコチラ
 
  

脱水・脱溶媒・融解など熱的挙動の測定
熱分析装置
Thermo plus EVOII TG-DTA/DSC (パネル展示)



製品案内:EVOII TG-DTA/DSC



     TG-DTA(差動型示差熱天秤)
  • 分離定量性に優れたダイナミックTG搭載
      >>> 詳細はコチラ

     DSC(高感度示差走査熱量計)
  • コンパクトで拡張性のある熱流束型DSC
      >>> 詳細はコチラ
結晶形の同定例


結晶形の同定


  

結晶状態変化と熱的変化を同時測定
X線回折−示差走査熱量同時測定装置
X-ray DSC (パネル展示)

製品案内:X-ray DSC



  • X線回折とDSC(示差走査熱量計)の同時測定が可能
      >>> 詳細はコチラ
 

    3次元微細構造の観察に!

  
薬剤の設計・開発に最適!
高分解能3DX線顕微鏡
nano3DX (パネル展示)
製品案内:nano3DX

  • 高空間分解能・高密度分解能・大視野観察を
    実現
      >>> 詳細はコチラ
錠剤中の粒子の層構造
(口腔内崩壊錠)
錠剤中の粒子の層構造
 

    測りたいその場で、すぐに結果を!

  
原材料の成分判定に最適!
携帯型ラマン分光計
FirstGuard シリーズ

製品案内:FirstGuard シリーズ



  • ハンドヘルド型で機動力アップ。
      >>> 詳細はコチラ
  
携帯型ラマン分光計
Xantus シリーズ

製品案内:Xantus シリーズ


  • 世界初!2波長タイプと手のひらサイズ
      >>> 詳細はコチラ
医薬品の分析例

医薬品の分析例
 
 

  
RoHS・PMI対応の決定版!
携帯型成分分析計
Niton XL2/XL3t シリーズ

製品案内:Niton XL2/XL3t シリーズ



  • 医療機器・材料の受入れ検査、製薬プラントの材質管理に最適
      >>> RoHS対応:詳細はコチラ
      >>> PMI対応:詳細はコチラ

    触媒残渣評価に威力を発揮!

  
微量無機元素の分析に!
エネルギー分散型蛍光X線分析装置
EDXL 300

製品案内:EDXL 300



  • Pdの検出下限0.3ppm。
      >>> 詳細はコチラ
金属触媒残渣Pd分析例

金属触媒残渣Pd分析例

 

セミナーのご案内

   
P-MEC Japan 2013 と併催される下記セミナーで講演いたします。
弊社をご理解いただく一環として、是非ご参加賜りますよう、
ご案内申し上げます。
   ◆ 事前申込が必要となるセミナーもあります。
    事前申込を希望される方は、 P-MEC Japan 2013 のホームページからお申し込みください。

   ◆各講演後、ご質問や詳細な説明を希望される方は、弊社ブースにて承ります。
    下記会場案内図をご参照の上、弊社ブースまでお越しください。
 
日 時 会 場 ほか 内 容
4/24(水)
11:45

12:15
セミナー
B 会場
(定員 60 名)
事前申込不要
〈出展社プレゼンテーション〉
「携帯型ラマン分光計による医薬品原料の検査」

日本の PIC/S 加盟に備え、出発原料の確認試験は大きなテーマとなっています。今回は、出発原料確認試験に適した携帯型ラマン分光計について紹介します。従来、励起波長が 785nm のラマン分光計を用いることが多かったのですが、原料の種類によっては蛍光バックグラウンドが障害となりました。紹 介 す る 携 帯 型 ラ マ ン 分 光 計 の 励 起 用 レ ー ザ ー は、532nm・785nm・1064nm の中から選択可能です。蛍光が懸念される場合は、1064nm レーザーの装置か 1064nm を含む2種類のレーザーを有する装置を使用します。各種の主薬・賦形剤・添加剤を、785nm および 1064nm で励起した際のデータ比較を中心に紹介します。

4/24(水)
13:30

15:30
東 5 ホール
2 階 会議室 B
(定員 36 名)
事前申込制

「満員御礼」
〈分析技術 実践研修講座〉
「卓上X線回折装置による
  結晶多形・非晶質 / 結晶質の迅速解析」

(実機によるデモンストレーション)

医薬品原薬に複数の結晶多形もしくは水和物(溶媒和物)が存在する場合、結晶多形を区別し、管理することが求められます。また近年では、溶解度の観点から非晶質 / 結晶質の分析ニーズも増えてきました。本講座では、まず卓上 X 線回折装置を用いて、医薬品原薬に含まれる結晶多形・非晶質の確認方法を実演します。続いて、日頃の疑問にお答えする為に、粉末X線回折基礎講座として、試料調製や測定のポイントを紹介します。さらに、キャピラリ 測 定 や 錠 剤 測 定 と い っ た、透 過 法 測 定 に よ る 結 晶 多 形 の 確 認 方 法 や、XRD-DSC 同時測定で結晶相転移が起こる条件や結晶形の確認方法といった、応用測定例も紹介します。

4/25(木)
13:00

13:45
セミナー D 会場
(定員 100 名)
事前申込制
〈JAIMA セミナー〉
「X 線顕微鏡 CT による
  製剤の高コントラストなサブミクロンイメージング」

溶解度・苦味といった商品としての製剤の性質は、原料・中間体の特性だけでなく、製剤工程による薬剤粒子の形状変化やバラつきに左右されます。各工程における薬剤粒子を 3 次元非破壊観察できれば、同じ原料から作られた製剤の特性の違いを明らかにし、新薬の研究開発や、安定した製造条件の確立に貢献できる可能性があります。弊社のX線顕微鏡は、X 線を使ってサンプル内部の構造を 3 次元観察することができ、従来のX線装置では “透明”すぎて観察が難しかった数μm の薬剤粒子を可視化できるという特徴があります。本セミナーでは、市販の口腔内崩壊錠に含まれる薬剤粒子のバラつき観察や、空隙の体積計測事例等を紹介します。

 

ブースのご案内

   
P-MEC 2013 RIGAKU Booth Map
P-MEC japan 2013 2013.4/24(水)〜26(金) 10:00〜17:00

東京ビックサイト    東4・5ホール

リガクブース:東HALL4 小間番号P-36